PR
Profile
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Category
Search
New Entries
     
Archives
Recent Comment
  • だから絵本はやめられない 「かいわれざむらいとだいこんひめ 」
    履歴書 (05/19)
  • 本当に望むことは…? 「100万回生きたねこ」
    ユミ (03/29)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Hee-san (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Hee-san (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    ユミ (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Kaoru Yokosu (03/21)
  • ♪ もっと音楽を広げ、演奏者を幸せにしたい〜「piaScore」小池宏幸さん ♪
    Hee-san (02/24)
  • ♪ もっと音楽を広げ、演奏者を幸せにしたい〜「piaScore」小池宏幸さん ♪
    福山 肇 (02/24)
  • 大好きだから、自慢したい 〜「おとうさんだいすき」
    hee-san (10/15)
  • 大好きだから、自慢したい 〜「おとうさんだいすき」
    Kaneko (09/28)
mobile
qrcode
RSSATOM みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
長い年月を経て戻ってきてくれたもの 〜「わたしとあそんで」
数日まえ、なんじゅうなんかいめかの、誕生日を迎えました!

誕生日の一カ月ほどまえになりますが、高校時代の友人と数年ぶりに連絡を取る機会がありました。
同じ音楽を学ぶ仲間として、高校3年間を一緒に過ごした彼女は、当時からマイペースで自らの信じた道を進み、友人のことはニコニコと見守ってくれるタイプ。
私の高校・大学時代のニックネームだった「マイケル」の名付け親も彼女でした。
(MJではなく、「What's Michael!」という当時流行ったコミックスの主役のネコの名前です・・・「とぼけた顔が似てる!」と言われました・・・!)

そんな彼女が、高校1年の私の誕生日に、一冊の絵本をプレゼントしてくれました。
「もりのなかへ」などで有名なエッツの「わたしとあそんで」。
一緒に遊びたくて野原に飛び出した少女のことを、一旦は怖がって逃げてしまった動物たちが、少女がじっと待ち続けることで戻ってきてくれた・・・というお話です。

私が絵本マニアであることは一度も話したことがないのに、どうしてわかったんだろう?と、私は大喜び。
ところが、なぜこの絵本を選んだのかと聞いたら、返ってきたのは、「う〜ん、なんとなく」という、あいまいな返事。

今回、数年振りに連絡をとったとき、
「今でもあの時もらった絵本、大事にしてるよ〜。でも、どうしてあの絵本だったの?」
と改めて彼女に問いかけたら、こんな返事が返ってきました。

----------------------------------------------
あの絵本は、父がかつて勤めていた会社の社長が、社員の子どもたちに小学校入学祝いとしてプレゼントしてくれた絵本です。
当時もらった同じ絵本が、私の手元に今でもあります。
マイケルの誕生日のときは、女子高生への誕生日プレゼントにしてはちょっと的外れだけど、逆にいいんじゃないかな、という気がしたのは覚えているよ。

この絵本の内容が、読むときの自分の状況や気持ちによって、違う意味に感じられるのは、私だけかな?でも、
「時間はかかるけど、信頼したり、信頼されるようになれば、周りの人々は必ず仲間になれる、友達になれる」。
そんなメッセージを感じるところが、この絵本の好きなところかなぁ。

高校生の頃のマイケルは、もしかしたら本当の意味で、音楽を心から楽しむ術を知らなかったのかも。
私はそれを感じていた気がします。
何も知らないクセに、勝手なことを言ってごめんね。
-----------------------------------------------

うわ〜〜〜。そうだったんだ!
すっかりバレてたんだなあ、さすが彼女だ・・・ !と驚きました。

当時の私は、ピアノにしろ他の楽器や歌にしろ、演奏は上手いか下手か、どちらかしかないと思ってました。
上手ければ凄いと思い、下手だと、自分のことは棚に上げて、「なんでこの人音楽やってるんだろう?」と理解できませんでした。

当時は年に一度、高校ではソロの演奏会のほかに、全員でオーケストラや合唱、ミュージカルなどが出し物の定期演奏会があったのですが、私にとっては、演奏以外のことはすべて面倒なだけで、嬉々として準備をしている仲間たちのテンションの高さが理解できませんでした。
放課後も、台本を書いたり衣装をつくったり、振付の打ち合わせをしたり・・・と、演奏会に向けてやることは山のようにあったのですが、キャッキャッと楽しそうな同級生たちを尻目に、私ときたら、
「授業が終わったら一刻も早く自宅に帰ってピアノの練習をしたいのに!」
とイライラしていいました。

当然、本番が終わった後の充実感も違ったのでしょう。
私は「あ〜終わった」程度の感覚でしたが、みんなは感極まって抱き合い、泣き笑いしていたものです。
今回彼女に連絡をしたのは、共通の知人のコンサートや、私が企画にかかわった音楽イベント「フナッシュモブ」、ピアノを弾きあう会などへのお誘いでした。
「絶対楽しいし、感動するから、ぜひおいでよ!」
と熱烈に誘う私は、そう、当時の私とは別人になっていたのでしょう。
彼女はまたもや、敏感に私の変化を読み取っていました。

-------------------------------------------------
「わたしとあそんで」の女の子はマイケルで、周りの動物たちはいろんな音楽そのものであり、今の音楽の仲間なのかもしれないね。
いっときはマイケルの元を去ったかもしれないけど、戻ってきてくれた。
大切なものとなって。
いずれにしても、私はとっても嬉しいです。
-------------------------------------------------

着実に学生時代からの夢を実現し、現在はリトミック指導者の第一人者として活躍している彼女。
リトミックに出会ってから、“自分”と“音楽の本当の意味”を知ったそうです。

彼女には、いつまでもかなわないだろうなあ。
でも、なぜかとっても嬉しい敗北感だったのでした。
posted by: hee-san | 絵本 | 23:21 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:21 | - | - | - | - |