PR
Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Category
Search
New Entries
     
Archives
Recent Comment
  • だから絵本はやめられない 「かいわれざむらいとだいこんひめ 」
    履歴書 (05/19)
  • 本当に望むことは…? 「100万回生きたねこ」
    ユミ (03/29)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Hee-san (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Hee-san (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    ユミ (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Kaoru Yokosu (03/21)
  • ♪ もっと音楽を広げ、演奏者を幸せにしたい〜「piaScore」小池宏幸さん ♪
    Hee-san (02/24)
  • ♪ もっと音楽を広げ、演奏者を幸せにしたい〜「piaScore」小池宏幸さん ♪
    福山 肇 (02/24)
  • 大好きだから、自慢したい 〜「おとうさんだいすき」
    hee-san (10/15)
  • 大好きだから、自慢したい 〜「おとうさんだいすき」
    Kaneko (09/28)
mobile
qrcode
RSSATOM みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
♪ 長女10歳の誕生日を迎えて 〜 フェッラーリ「私は黄金の髪に惹かれる」〜Ferrari / Io son amante d'un crin aurato ♪
数ヶ月前のことになってしまいますが、長女が10歳の誕生日を迎えました。

10歳ということは、10年生きてきたということになります。
そして彼女が10年生きてきたということは、私自身も彼女をお腹に宿してから10年ちょっと、彼女の親として生きてきたことになります。
10年という長い年月をこんなにもあっけなく迎えてしまったことに対して、感慨というよりはむしろ焦りを感じてしまうのは、いかにも私らしく情けないところ。
この10年の間に、あれやこれ、もっと彼女に対して、してあげられたことやしなければならなかったことがいくらでもありそうで…。
「子は親の鏡」とはよく言ったもの。
自分が親になってはじめて、その言葉の重みに気が遠くなりそうです。

とはいえ、親のそんな無責任さに早くから見切りをつけているのか、長女は彼女なりにしっかりと、自分の足でここまで歩いて来ているようにも思えます。
生後まもなく絵本の読み聞かせを始めたら、生後3ヵ月には既に自分でページをめくるようになり、3〜4歳の頃には、毎晩寝る前に10冊ほど読んであげないと寝ようとしないくらい、絵本好きだった彼女。
字が書いてあれば片っぱしから何でも読む彼女は、この夏、「アンネ・フランクの日記」をじっくりと読んでいました。
そして小学校の部活でオーケストラ部に入ってからは、仲間たちと毎日少しずつ練習している成果が少しずつながらも見られ、この先、音楽を演奏することのおもしろさを発見して、自ら取り組んでくれる日が訪れますように・・・と願っています。
 
さて、そんな長女の10年の軌跡を思っていたころ、両親に歌をご指導いただいているテノール歌手の福島康晴さんが主催した、「イタリア・バロック音楽の世界」というリサイタルを聴きに行きました。
イタリアの古楽器であるテオルボ、バロック・ギターなどの奏者、高柳義生さんとチェリストの懸田貴嗣さん、そして福島さんの歌という、何ともシンプルなトリオが、教会で奏でるイタリア・バロック音楽。
教会独特の静寂の中で少し私は緊張気味。
けれど演奏が始まると、柔かな歌声と楽器が奏でるハーモニーが幾筋もの音の光となって、さながら天使の舞いのように穏やかに美しく胸に響いてくるのでした。

中でも、アンコールでも歌われたフェッラーリの「私は黄金の髪に惹かれる」は、どこまでも続く黄金に光る花畑の中から、そよ風に吹かれてゆったりと歩いてくる少女の姿が見えてくるステキな曲で、それはまるで、私から見た長女のイメージにぴったりだったのです。
彼女のスタンス、彼女の生き方を、そのまま歌にしたようにイメージが湧いてきました。
残念ながら、この歌は福島さんご自身はCDに録音していないとのことなので、また機会があれば今度は長女を連れてリサイタルを聴きに行きたいと思っています。 

これからも長女には、彼女らしく軽やかに、彼女の人生を歩んでいってほしい。
それが、私から10歳の長女への今の思いです。
posted by: hee-san | classical music | 00:08 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:08 | - | - | - | - |