PR
Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Category
Search
New Entries
     
Archives
Recent Comment
  • だから絵本はやめられない 「かいわれざむらいとだいこんひめ 」
    履歴書 (05/19)
  • 本当に望むことは…? 「100万回生きたねこ」
    ユミ (03/29)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Hee-san (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Hee-san (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    ユミ (03/21)
  • ♪ 20年以上前にピアノをやめたワケ、そして今 〜 カプースチン「8つの演奏会用エチュード」♪
    Kaoru Yokosu (03/21)
  • ♪ もっと音楽を広げ、演奏者を幸せにしたい〜「piaScore」小池宏幸さん ♪
    Hee-san (02/24)
  • ♪ もっと音楽を広げ、演奏者を幸せにしたい〜「piaScore」小池宏幸さん ♪
    福山 肇 (02/24)
  • 大好きだから、自慢したい 〜「おとうさんだいすき」
    hee-san (10/15)
  • 大好きだから、自慢したい 〜「おとうさんだいすき」
    Kaneko (09/28)
mobile
qrcode
RSSATOM みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
極上のエンターテイナーたちが遭遇して… 〜「1st Encounter」
鈴木直人 , 伊藤大輔 , 永田ジョージ
エアプレーンレーべル


先週末はショッキングなニュースがあり、寝込んでしまいたいくらい気分が滅入っていました。
でもその夜には、ずっと前から楽しみにしていたライブの予定が入っていて…。
きっとこれは偶然じゃない、神様が落ち込み気味の私に用意してくれたプレゼントに違いない!
と気持ちのスイッチを切り替え、友人と共にいざ、ライブハウスへ。

到着してみると、何と用意された席は最前列、しかもど真ん中。
沈みかけていた気分も一気に急上昇です。

Lee RitenourやJohn Scofieldを彷彿させ、どこか懐かしいサウンドを奏でる卓越したギター職人、鈴木直人さん
サーファー・ピアニストで心優しきロマンティスト、永田ジョージさん
そして、七色の声を自在に操るヴォーカルの伊藤大輔さん

今回は、そんな個性派三人によるファーストCD"1st Encounter"発売記念ライブ。
一体どんなステージを見せてくれるのかな〜と、ゆったり構えたのが…間違いでした

まるで遊園地のメリーゴーラウンドに乗せられたように、最初から最後まで、飛ばしっぱなし!
具体的に説明するのは難しいのですが、ステージのセットリストから挙げていくと。

「Orange Colored Sky」→ それまでMichael Bubléのビッグバンドバージョンが私の中では定番だったけど、もはや大輔さんの歌以外では考えられないくらいかっこ良かった!
「Lawns」→ ピアノとギターの絶妙な掛け合い具合にすっかり引き込まれ。
「Stardust」→ ジャズの定番曲も、まるで銀幕の世界に入り込んだかのような大輔さんの創り出す世界にうっとり聴き惚れ。
「スウィングしなけりゃ意味ないね」→ 日本人にはノリが難しいはずのこの歌も、大輔さんにはお手のもの。歌い回しがクルクル替わり、新鮮でまったく飽きさせない!
「what a little moonlight can do」→ あらゆるヴォイスマジックとスピーディーなギターソロ、なんて気持ちいいんだろうっ!
ジョージさんオリジナル曲「Trippin’ South」(以下の彼らのPVにも使われている)→ 冒頭で大輔さんが得意のヴォイスパ―カッションで鴨川(?)の海の波の音を演出してくれたりして、すっかり南国ビーチにいる気分。
ジョージさんの思いがギッシリ詰め込まれたピアノソロでは、言い知れぬ感動が沸き起こり胸がいっぱいに…。
しかも、アンコール曲は「Spain」。
…というわけで、最後までまったく観る側を飽きさせない、魅了されっぱなしのステージでした。

そして10年来大輔さんファンである私が一番嬉しかったのは、動画では何度も見ていた、大輔さんの「The nearness of you」を初めてライブで聴けたこと
店内のお客様全員がうっとりと酔いしれていたことは間違いない、極上のひとときでした。
(伊藤大輔さんのインタビュー記事はコチラ)。

そう、この、サーカスをイメージしたデザインのCDジャケットのように、引き出しを開けるたびに別の魔法が飛び出してくるような、ワクワクがいっぱい詰まった彼らの音楽。
会場で即買いしたCD、もちろんヘビロテしてますが、ぜひまた近いうちステージを見せてほしいなあ、と願うのでした

posted by: hee-san | jazz | 21:18 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:18 | - | - | - | - |